TOP PAGE指導理念講師陣WORD MAGICの特長授業開始までの流れFAQお問い合わせ資料請求講師登録会社案内

神戸女学院中学部

神戸女学院中学部


長きにわたり「関西女子最難関校」に君臨し続ける
"THE お嬢様学校"・神戸女学院中学部。
知識偏重を排し、進学実績とは別のところに教育の重心を置いているため
学校の方針として大学進学実績は公表されていませんが
卒業生の多くが難関国公立大学・医学部に進学しています。


キリスト教教育にも熱心ですが、それはどちらかと言うと
「礼儀作法を重んじる」といった意義が強いため
それほど宗教色が濃いわけではありません。
また学校行事も非常に多いのですが
生徒たちが生き生きと自主的に行動していることでも有名です。
そして
「クルーメソッド」という教育法を根幹とした
まさに英語漬けと呼ぶに相応しいハイクオリティーな
英語教育は
合格を夢見るお子様の大きな憧れの一つでしょう



≪入試データ≫

神戸女学院中学部

国語

算数

理科

社会

第1日

配 点

120点

120点

100点

100点

試験時間

50分

50分

45分

45分

第2日

     体力テスト

配 点

20点


【算数】

複合図形・立体図形の出題率が非常に高いのが特徴。
文章題の設問自体は短めであるが
かなり複雑な理解力および解法を求められる。

◆単独での計算問題の出題は見られない
◆グラフの読み書きも頻出
◆「整数問題」「数列」「速さと比」「つるかめ算」「推理算」
 「体積・表面積」「図形の移動」「図形の比」「区分関数」
  などが多い


【国語】

長文2題+詩1題 がほぼ定番。
(⇒2011・2012年度のみ詩は出題されなかった)
高度な要約力を必要とする記述問題は必須。
細部にまでこだわった設問が多いため、正確性はもちろんのこと
スピード力と表現力を日頃から鍛えておく必要がある。

◆文法・慣用句・四字熟語といった知識分野も頻出
◆漢字では同音異義語や同訓異字の書きとりが多い
◆ここ数年間は特に記述問題が以前に増して出題されている


【理科】

全分野をバランスよく出題するのは上位校の定番であるが、
なかでも生物分野の比重が高いのが同校の特徴。
高い記述力を問われる問題も出題される。

◆生物分野は「環境」「動植物の分類・しくみ」
◆物理分野は「ばね」「てこ」「電流」「回路」
◆化学分野は「水溶液」「中和」「溶解」
◆地学分野は「天体」「地震」「気象」 などが多い


【社会】

地理・歴史分野で全体の約8割を占める。
また「地理+歴史」といった融合問題も多い。
公民分野は「憲法」「三権分立」を中心に出題されている。

◆地理では世界の国についての出題もアリ
◆資料・図・グラフの読み取りが多い
◆時事問題も必須


では
さらに詳しく分析・解説していきます。
合格者からのアドバイスも必見です。

              ※続きはこちら

入試情報

無料体験受付中

合格実績

受講された方の声

講師登録募集

代表ブログ

CONTENTS
指導理念
小学生コース
中学受験コース
中学生コース
高校受験コース
高校生コース
大学受験コース
講師陣
会員専用直通メール
WORD MAGICの特長
授業開始までの流れ
FAQ
お問い合わせ
資料請求
講師登録
代表ブログ
会社案内
プライバシーポリシー