TOP PAGE指導理念講師陣WORD MAGICの特長授業開始までの流れFAQお問い合わせ資料請求講師登録会社案内

関西学院中学部

関西学院中学部


いわゆる「関関同立」として名高い伝統校の一つである
キリスト教系の中高一貫校の関西学院中学部。
2012年度から共学化され、新たな風が吹き始めました。
また日本屈指の美しいキャンパスを持つ学校としても有名です。
 

関西学院中学部の最大の魅力は、なんといっても
西日本きっての名門大学である関西学院大学に
ほぼ全入制で入学できることにあるでしょう。

よって目先の受験勉強にとらわれないため
自律的な学習とスポーツや文化活動に専念できるという
非常に豊かな環境が待っています。
まさに絵に描いたような「文武両道」状態で、特に同校の
ラグビー・アメリカンフットボール・テニス・サッカーでの活躍は
あまりにも有名です。

エスカレーター校ならではの良さを最大限に活かしてくれるため、
昔も今も絶大な人気を誇っています。


≪入試データ≫

関西学院中学校

国語

算数

理科

午後

第1日

配 点

100点

100点

100点

面接

試験時間

45分

0

45分

第2日

配 点

100点

100点

体力
テスト

試験時間

45分

50分

                         ※帰国生入試枠アリ

【算数】

2012年から大問6題。2011年以前は大問7題。
文章題の出題率が全体の4割以上を占め、非常に高い。
その分、図形は他校に比べると若干少なめである。
難関校にしては計算問題の比重が高いのも大きな特徴の一つ。

◆基礎学力を中心とした問題構成
◆大問1での複雑な四則計算が定番
◆「規則性」「図形比」「錘の問題」「差集め算」が頻出。


【国語】

長文はそれぞれ
説明的文章から1題、文学的文章から1題。
漢字の書き取りは長文にまぎれている形式だが、
それ以外の知識分野は独立構成のスタイル。

◆やや長めの長文が出題されている
◆ことわざ・慣用句・四字熟語・文法など
 内容は基礎的だが幅広い知識が問われる。


【理科】

大問5~7題。各分野がほぼ均等に出題されている。
単に名称などの知識を問うだけでなく、短文説明でも尋ねられるので
理屈に基づいた理解が必要。

◆物理分野は「てこ」「ばね」「ものの運動」
◆生物分野は「四季」「ヒト」「動植物」のつくりや性質
◆化学分野は「水溶液」「気体」
◆地学分野は「天気」「気温」 が頻出


では
もっと深い分析と、合格者からのアドバイスをお届けします。

                 ※続きはこちら

入試情報

無料体験受付中

合格実績

受講された方の声

講師登録募集

代表ブログ

CONTENTS
指導理念
小学生コース
中学受験コース
中学生コース
高校受験コース
高校生コース
大学受験コース
講師陣
会員専用直通メール
WORD MAGICの特長
授業開始までの流れ
FAQ
お問い合わせ
資料請求
講師登録
代表ブログ
会社案内
プライバシーポリシー