TOP PAGE指導理念講師陣WORD MAGICの特長授業開始までの流れFAQお問い合わせ資料請求講師登録会社案内

神戸海星女子学院中学校

神戸海星女子学院中学校


日本を代表するお洒落都市・神戸に相応しい
伝統校の一つである神戸海星女子学院中学校。
カトリック・ミッション・スクールで「真理と愛に生きる」を理念とし
心身ともに豊かで、女性らしい人格を形成しています。


また パワフルかつ熱心な語学教育にも定評があるだけでなく、
理数系にも積極的に力を入れているのも大きな魅力です。
2010年度より中1~高1までを週6日制を実施しており
中高一貫を活かした精力的なカリキュラムが大きな特徴です。


≪入試データ≫

神戸海星女子中

国語

算数

理科

社会

面接

A日程

配 点

100点

100点

80点

80点

受験生

のみ

試験時間

50分

50分

40分

40分


神戸海星女子中

国語

算数

面接

B日程

配 点

100点

100点

受験生

のみ

試験時間

50分

50分

         ※B日程の面接は、A日程で面接を受けた受験生を除く

【算数】

大問5~6題。
問題用紙は3枚程度で、結果のみを答える問題と
過程を記す必要がある問題の2種類がある。
また単位まで記入する場合もあるのできちんと設問を読むこと。

◆「比と割合」「相当算」「旅人算」「規則性」が中心。
◆一見簡単そうに見えるが複雑な問題もまぎれているため
 スピード力と計算の工夫が必須。


【国語】
説明的文章から1題・文学的文章から1題の
長文2題形式。
記述量も多いため、しっかりとした読みこみと深い理解が
必要である。

◆漢字は基本的なものが多いので得点源とすること。
◆かなり高度な要約力が問われた時もある。


【理科】

大問5~7題。
各分野からバランスよく出題されている。

◆「回路」「ものの運動」「水溶液」「気体」
 「動物・植物のつくり」 などが中心。
◆特に「天体」「地層」「岩石」は毎年のように出題されている。


【社会】

幅広いパターンでの出題のため大問数もさまざま。
公民分野の出題率は他の2つと比べると少なめではあるが
その割に広範囲で尋ねられるので、深い知識が必要。

◆融合問題が多い。
◆時事問題も必須。


では
さらなる入試詳細をどうぞ。
合格者からの必勝アドバイスも必見です。

                  ※続きはこちら

入試情報

無料体験受付中

合格実績

受講された方の声

講師登録募集

代表ブログ

CONTENTS
指導理念
小学生コース
中学受験コース
中学生コース
高校受験コース
高校生コース
大学受験コース
講師陣
会員専用直通メール
WORD MAGICの特長
授業開始までの流れ
FAQ
お問い合わせ
資料請求
講師登録
代表ブログ
会社案内
プライバシーポリシー